理科実験・科学実験・数の論理・私立中学受験・地球を学ぶ野外活動 キッズアース:コラム

21世紀の読み・書き・そろばん ”STEM”教育。

皆さんもご存じの通り、東京オリンピックを迎える2020年には

大幅な学習指導要領の改訂が行われ、日本の学校教育が

大きく変わろうとしています。

 

学習指導要領改訂の流れは今年、2017年は準備期間、2018年より移行期間、

そして、2020年に本格実施となっており、実は今年から改訂への動きが始まっています。

 

この中でも一番に着目されて現在は私立を中心に取り組みが始まっているのが

“アクティブラーニング”でいわゆる、従来のように“先生が主導”で

生徒に教育するという“受動的”な学習スタイルではなく、

“生徒たち自らが創意工夫をして授業を進めていく”能動的“な学習スタイルです。

 

アクティブラーニングの具体的な内容は現在も様々な検討・実行されてがいます。

このようなスタイルへの移行する第一の理由は、

ズバリ、国際社会に通用する人材の育成です。

 

英語教育が小学校でも必修化されるにあたって、

今更ながら英会話教室や英語の保育園、学童保育がブームとなっていますが、

ただ単に言葉が話せるだけでは決して国際人にはなりえません。

 

最近はこのことに気が付き始めた保護者の方が増えてきたようなので

安心なのですが、まずは自身の力で物事を解決するための根本的な力

をつけることこそが、今後の世界の中では生きていく上での

最低限の力となることは間違いありません。

 

もうひとつ注目されているのが“プログラムング教育”を筆頭とする

「STEM」です。

 

「STEM」とは

“サイエンス”“テクノロジー”“エンジニアリング”“マスマティクス”

の頭文字による略称で、従来型の理系教育と異なり、

“プログラミング”“データサイエンス”などをのハイテク分野にも

重点をおいた総合的な理系教育のことをいいます。

 

この“STEM”教育こそが未来を生き抜くために

21世紀型の“読み”“書き”“そろばん”

として必須とされています。

 

キッズアースが長年取り組んできた、“理科実験”という学習方法は

まさに具体的なカタチでの”アクティブラーニング”でもあり、

またこの「STEM」教育の一貫でもあります。

 

今後は理科実験だけではなく“ロボット教育”“プログラムング教育”も

充実させて「STEM」教育の専門機関として

さらに発展させていくつもりですのでご期待くださいね!

 

                         キッズアース  小泉 力  


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM