理科実験・科学実験・数の論理・私立中学受験・地球を学ぶ野外活動 キッズアース:コラム

中学受験の夏

 いよいよ夏休み。中学受験をする生徒たちにとっては

塾の夏期講習がビッチリで、まさに熱い夏休みがやって来ますね。

 

私もかつては学習塾の講師として、中学受験はもとより中学受験にも

携わっておりました。

 

特に受験学年である中3、小6生にとってはまさに試練の夏休み。

 

中学受験をする子どもたちにとっては、ふつうの小学生とは

まったく違う生活を強いられて、朝から晩まで勉強三昧の日々が続き、

休みの日にもガッツリと宿題づけにされるはずです。

 

キッズアースには中学受験をする生徒も多く、もちろん学習塾では

ないのでそういった子は最高でも夏休み前で辞めてしまいますが、

この時期になるとどうしても受験指導していたかつての夏休みを

思い出してしまいます。

 

私が在籍していた学習塾では約1週間の受験生合宿があり、中3は

朝6時から深夜の1時すぎまで、小6でも朝6時から深夜の0時まで

ずっと授業&テスト&自習で宿舎に缶詰め状態の生活を送ります。

 

私たち講師も心を鬼にして、まさに精神主義のスパルタ合宿でした。

 

このような合宿に参加した当初は非常に抵抗がありましたが、

講師も皆、この1週間はトータルで10時間程度の睡眠しか取らずに

子どもたちと共に同じ目標を持って頑張る仲間としての一体感と、

共に乗り切ったという達成感で最終日には涙がでるほどに

感激することも多々ありました。

 

1つの目標をしっかりと持って、それに向かって最大限の努力をする

ということでは、勉強もスポーツも一緒です。

 

たとえ結果が希望通りにならなかったとしても必ず何らかの形で

生きてくるはずなのです。

 

ましてやまだまだ小学生であれば、失敗を繰り返してこそ、

その成長は大きくなる可能性を秘めています。

 

昨今は受験塾も競争が過熱気味なので、どうしても目先の結果のみを

以前にも増して生徒、保護者の方に強いているような気配がします。

 

かつての経験を活かしながら、より広い視点で子どもたちの成長を

支援する役割を目指して、この夏も迎えたいと思います。

 

 

                   キッズアース 小泉 力


前期の保護者面談

今年度も恒例の前期保護者面談の季節となりました。

キッズアースでは開校当初より年間で2回ほど、保護者の方と
ある程度の時間をとって
このような面談をずっと行ってきました。

昨今は働くお母さまも大変多くお忙しい中で、わざわざ時間を作って
いただき来校していただくことは、もしかするとご迷惑かとも思い、
実は希望する方のみに絞ろうかなというふうに考えたこともありました。

 
ですが、年に2回は保護者の方々と面と向かってお話をする機会をつくる
ことが、講師にとってはより子どもたちをより深く知ることにもつながり、
また、保護者の方々にとっても学校あるいはご家庭とは、ひと味違った
子どもたちの姿をお伝えする大切な機会だと思っております。

 
よく、学校の先生に言われる子どもたちの様子と、キッズアースの先生に
言われる様子が違うとおっしゃる方がいるのですが、
おそらく、キッズアースでは小人数でアットホームな雰囲気の中、
自分自身の興味を最優先させて学習できる空間でのびのびと本来の自分の姿
を見せることが出来ているのかな。と勝手ながら思っています。

 
自然科学専門というカタチの教室の特性からか、学校では中々発見されない
ような素晴らしい能力や創造力を発揮して先生たちを驚かせたり喜ばせたり
してくれることもよくあります。

 
授業の短い時間の中の出来事ではありますが、そういったこと一つ一つを
見逃さないように講師たちは日々授業に入っているつもりです。

 
必ず実のある時間にすることをお約束いたしますので
本当にお忙しいところまことに恐縮ですが、宜しくお願い致します。
 
                      キッズアース  小泉 力
 
 

野外活動 アースユニット

キッズアースでは例年通り、今年度1回目のアースユニットを
6月4日(土)〜5日(日)で実施します。

早いもので宿泊型のアースユニットは開校以来
これでちょうど30回目の実施となります。

 
宿泊型は年間に4回の実施をしていますが、当初は年間で2回
だけの実施でしたので毎回の人数も多い時には40名を超える
時もありました。

現在は回数を増やした分、各回の定員数を減らし、
安全面に関してはもちろんですが、生徒一人ひとりに
対する指導を手厚くし、普段は顔を合わせない生徒同士、

また、講師と生徒の間の関係性を密にして、
最後の山場である“プレゼンテーション”に向けて参加者全員が
一体化するような濃い2日間を過ごしていただいていると
思っています。

 
お陰様で大きなケガや事故を起こすこともなく迎える今回は、
三浦半島にある江奈港の干潟での生物をテーマに学習します。

この江奈港は“泥質干潟”と“砂礫干潟”が共存する大変貴重な
干潟で、様々な干潟生物が生息していますが、その中でも
“カニ類”が多く生息し、
アシ原にはアカテガニやアシハラガニ、
泥の中にはコメツキガニ、砂泥や石の下にケフサイソガニなどが
彼らなりの工夫を凝らしながら生活しています。

これらのカニ類を中心とした干潟生物を採取、観察し、岩場で
暮らしている生物たちとの違いを調べ、それぞれが生きていく
ためにどのような工夫をしているのかを考えます。

 
このようにはっきりとしたテーマ・目的をもって実施しますので
子どもたちのベクトルも集中しやすく、一体感も生まれます。

そして、グループでまたは一人ひとりがこの観察を通して考察
したことを、最後はいつも通りプレゼンテーションで締めくくります。

また、このプレゼンテーションの様子は昨年の秋より、定期的に実施
している保護者面談にてお母さん、お父さん方にもわが子の
プレゼンテーションをDVD
にてご覧いただいており、
一生懸命に頑張った成果のご報告とさせていただいています。

 
 お陰様で今回も募集から約1週間で定員まであとわずかとなり、
このコラムを配布する頃には締切となっているかもしれませんが、
まだ1度も参加したことのない、特に低学年の子どもたちには
是非とも1度は参加していただきたいと思っています。


目には見えませんが、きっと自分自身に大きな自信を持って
帰ってきてくれると思います。

 
           キッズアース  小泉 力                
 
 
Check

| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM